コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレメンス書簡 クレメンスしょかんThe Epistle of Clement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレメンス書簡
クレメンスしょかん
The Epistle of Clement

1世紀の終り頃ローマクレメンス (ペテロより3代目の教皇クレメンス1世と考えられる) がコリント教会へ書き送った手紙で第1クレメンス書簡といわれる。この手紙はコリント教会における長老排斥運動に対して使徒的伝承を論拠とした彼の反対意見を述べたもので,当時の教会の実情を知るうえで貴重な文献である。その他クレメンスの名をかりた文書 (特に第2書簡とクレメンス偽書呼ばれるものが有名) は多いがいずれも偽作である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone