クロスポルカノフの原理(読み)クロスポルカノフのげんり(英語表記)Cloos-Polkanov principle

岩石学辞典の解説

クロスポルカノフの原理

ポルカノフが原理として提唱したもので,“すべての貫入岩体は全体として,一方に活動的なマグマ内因的(endogenic)な力と,一方に取り囲んでいる構造的,運動的な枠組みとの間で平衡状態を示している.すべての貫入岩体の内部構造は,マグマの結晶作用の時期と内因的な運動の時期との相互関係に支配される.同様に枠組みの同時的な運動にも制約される.”という内容である[Cloos : 1936, Polkanov : 1946].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android