コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロタネソウ(黒種草) クロタネソウNigella damascena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロタネソウ(黒種草)
クロタネソウ
Nigella damascena

キンポウゲ科の一年草。地中海沿岸地方の原産であるが,江戸時代の末に渡来し,観賞用として栽植されている。草丈は 50cm内外,茎は直立し,3~4回羽状に細裂した葉が互生する。夏に,淡碧色または白色の花弁状の萼片が5枚あり,径 2cmほどの花をつける。大型の 蒴果が裂開し,黒色小型の多数の種子を出す。属名ニゲラで呼ばれることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クロタネソウ(黒種草)の関連キーワードキンポウゲ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android