クロハツタケ(黒初茸)(読み)クロハツタケ(英語表記)Russula nigricans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロハツタケ(黒初茸)
クロハツタケ
Russula nigricans

担子菌類マツタケ目ベニタケ科。夏秋の頃,広葉樹または針葉樹林下の地上に点々として生える。傘は径4~15cm,まれに 20cmをこえることがある。まんじゅう形で開ききると中央がくぼみ漏斗状になる。初め淡色,のち次第に黒色になる。ひだは帯黄白色,傷つくと煉瓦色になり黒変する。胞子紋は白い。柄は長さ3~8cm,太さ1~3cm。食用になる。この菌にはしばしばヤグラタケ (櫓茸)が寄生する。北海道,本州,九州にみられる。北アメリカ,ヨーロッパ,小アジアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android