コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煉瓦色 れんがいろ

色名がわかる辞典の解説

れんがいろ【煉瓦色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い黄赤」としている。一般に、赤レンガのような明るい茶色のこと。レンガは砂や粘土などを練って成形し焼いたもので、建築、土木の材料。原料によってさまざまな色となるが、赤くなるのは鉄分による。明治時代になって急速に普及し、文明開化の象徴ともなった。有名な横浜の赤煉瓦倉庫は明治後期の建築である。東京駅は大正時代。「伝統色」ではないが、レトロなイメージがあり郷愁をさそう色名。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れんが‐いろ〔レングワ‐〕【×煉瓦色】

煉瓦のような色。赤みの強い茶色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れんがいろ【煉瓦色】

煉瓦のような暗い黄赤色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

煉瓦色の関連キーワード環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

煉瓦色の関連情報