コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煉瓦色 れんがいろ

色名がわかる辞典の解説

れんがいろ【煉瓦色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い黄赤」としている。一般に、赤レンガのような明るい茶色のこと。レンガは砂や粘土などを練って成形し焼いたもので、建築、土木の材料。原料によってさまざまな色となるが、赤くなるのは鉄分による。明治時代になって急速に普及し、文明開化の象徴ともなった。有名な横浜の赤煉瓦倉庫は明治後期の建築である。東京駅は大正時代。「伝統色」ではないが、レトロなイメージがあり郷愁をさそう色名

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

れんが‐いろ〔レングワ‐〕【×煉瓦色】

煉瓦のような色。赤みの強い茶色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんがいろ【煉瓦色】

煉瓦のような暗い黄赤色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煉瓦色の関連キーワード夏葉枯病(オーチャードグラス)ヨコワミドロ(横輪水泥)クロハツタケ(黒初茸)ワタフキカイガラムシアビシニアン[種]ベネチアン・レッドチチタケ(乳茸)カワリミズカビレッドストーンアビシニアン山下ケイジポリハル石乳酸桿菌

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android