コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クローデガング Chrodegang

世界大百科事典 第2版の解説

クローデガング【Chrodegang】

715‐766
フランク時代の司教,聖人。カロリング家と血縁関係をもつフランク貴族。カール・マルテルの宮廷書記官を経て,メッツ司教となる。754年以後,ピピン3世の要請で,ボニファティウスの後を継いで,教会改革を行う。ベネディクトゥス会則をもとに聖職者の共住制会則を作成した。彼によるローマからの典礼および聖遺物の導入はフランク教会のローマ化のほか,カロリング家と教皇庁の政治的関係の強化となった。【徳田 直宏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクローデガングの言及

【ロルシュ修道院】より

…中世ドイツの修道院。762年ウォルムス近傍のロルシュLorschにルペルティーナ家Rupertinerが建立し,メッツ司教クローデガングの指導のもとに成立した。772年帝国修道院となる。…

※「クローデガング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クローデガングの関連キーワードロルシュ修道院

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android