クローデガング(英語表記)Chrodegang

世界大百科事典 第2版の解説

クローデガング【Chrodegang】

715‐766
フランク時代の司教,聖人。カロリング家と血縁関係をもつフランク貴族。カール・マルテルの宮廷書記官を経て,メッツ司教となる。754年以後,ピピン3世の要請で,ボニファティウスの後を継いで,教会改革を行う。ベネディクトゥス会則をもとに聖職者の共住制会則を作成した。彼によるローマからの典礼および聖遺物の導入はフランク教会のローマ化のほか,カロリング家と教皇庁の政治的関係の強化となった。【徳田 直宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクローデガングの言及

【ロルシュ修道院】より

…中世ドイツの修道院。762年ウォルムス近傍のロルシュLorschにルペルティーナ家Rupertinerが建立し,メッツ司教クローデガングの指導のもとに成立した。772年帝国修道院となる。…

※「クローデガング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android