クワズールー・ナタール州(読み)クワズールー・ナタール(英語表記)KwaZulu-Natal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワズールー・ナタール〔州〕
クワズールー・ナタール
KwaZulu-Natal

南アフリカ共和国東部の州。州都はピーターマリッツバーグドラケンスベルク山脈からインド洋にいたる地域を占め,南西はレソトに接する。北東部にズールー族の居住区クワズールーがあったが(→バンツースタン),1994年ナタール州に吸収され,現州名に改称された。ズールー族を中心とした黒人が人口の 8割以上を占めるほか,国内のアジア人(おもにインド人)が集中し,白人の比率は低い。1689年オランダ東インド会社ダーバンに交易基地を建設。19世紀初めにはズールー族の首長シャカが周辺の諸部族を統一,1837年にはイギリス領ケープ植民地からボーア人が大量に移住し,ナタール共和国を建設。その後もイギリス,ボーア人,ズールー族の抗争が続いたが,1843年にイギリス植民地となり,1910年南アフリカ連邦の結成に参加,その成立に伴いナタール州となった。海岸部は亜熱帯気候でサトウキビ,タバコの栽培地帯。内陸はサバナで,モロコシ類,ワタを栽培し,牧畜が行なわれる。多くの炭鉱があり,ダーバン周辺は織物,食品加工,化学,石油精製などの工業地帯となっている。面積 9万2100km2。人口 992万4000(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android