コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワズールー・ナタール州 クワズールー・ナタールKwaZulu-Natal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クワズールー・ナタール〔州〕
クワズールー・ナタール
KwaZulu-Natal

南アフリカ共和国東部の州。州都はピーターマリッツバーグドラケンスベルク山脈からインド洋にいたる地域を占め,南西はレソトに接する。北東部にズールー族の居住区クワズールーがあったが(→バンツースタン),1994年ナタール州に吸収され,現州名に改称された。ズールー族を中心とした黒人が人口の 8割以上を占めるほか,国内のアジア人(おもにインド人)が集中し,白人の比率は低い。1689年オランダ東インド会社ダーバンに交易基地を建設。19世紀初めにはズールー族の首長シャカが周辺の諸部族を統一,1837年にはイギリス領ケープ植民地からボーア人が大量に移住し,ナタール共和国を建設。その後もイギリス,ボーア人,ズールー族の抗争が続いたが,1843年にイギリス植民地となり,1910年南アフリカ連邦の結成に参加,その成立に伴いナタール州となった。海岸部は亜熱帯気候でサトウキビ,タバコの栽培地帯。内陸はサバナで,モロコシ類,ワタを栽培し,牧畜が行なわれる。多くの炭鉱があり,ダーバン周辺は織物,食品加工,化学,石油精製などの工業地帯となっている。面積 9万2100km2。人口 992万4000(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クワズールー・ナタール州の関連キーワードナタール(南アフリカ共和国)ヌコサザナ・ドラミニ ズマプムジレ ムランボヌクカドラケンスバーグ[山脈]イシマンガリソ湿地公園クワズールー・ナタールグリカランドイーストグレート・トレックポートシェプストンジェイコブ ズマトランスバールズールーランドニューカッスルアパルトヘイトコークスタートレディースミスパインタウントランスケイリチャーズ湾フレーヘート

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android