コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワトリー Shukrī al‐Quwwatlī

1件 の用語解説(クワトリーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クワトリー【Shukrī al‐Quwwatlī】

1892‐1967
シリアの政治家。ダマスクス生まれる。青年時代からアラブ民族主義運動に加わり,1911年設立の民族主義者の結社ファタートの指導者となる。第1次世界大戦中はオスマントルコの圧迫を受けた。ファイサル政体のもとでダマスクスの知事となり,のちフランス当局による死刑判決を逃れ,20年からエジプトヨーロッパに亡命。31年帰国し,ナショナルブロックの指導者の一人として独立闘争を率いる。43年大統領に選出されるが,49年3月フスニー・アッザイームḤusnī al‐Za‘īm(1889か96‐1949)のクーデタによって免職され,エジプトに逃亡。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クワトリーの関連キーワード政治家ダマスカスニエレレネンニホーク騙しダマスクトリアッティダマスクスシャトーブリアン・ステーキ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone