コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワトリー Shukrī al‐Quwwatlī

世界大百科事典 第2版の解説

クワトリー【Shukrī al‐Quwwatlī】

1892‐1967
シリアの政治家。ダマスクスに生まれる。青年時代からアラブ民族主義運動に加わり,1911年設立の民族主義者の結社ファタートの指導者となる。第1次世界大戦中はオスマン・トルコの圧迫を受けた。ファイサル政体のもとでダマスクスの知事となり,のちフランス当局による死刑判決を逃れ,20年からエジプト,ヨーロッパに亡命。31年帰国し,ナショナル・ブロックの指導者の一人として独立闘争を率いる。43年大統領に選出されるが,49年3月フスニー・アッザイームḤusnī al‐Za‘īm(1889か96‐1949)のクーデタによって免職され,エジプトに逃亡。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クワトリーの関連キーワードゴダール(Jean-Luc Godard)新藤兼人[各個指定]芸能部門森一生内閣総理大臣コーマン野村芳太郎二川幸夫増村保造ルルーシュ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android