コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーニャック Cougnac

世界大百科事典 第2版の解説

クーニャック【Cougnac】

フランスのロート県にある後期旧石器時代の洞窟美術遺跡。洞窟は95mの主洞と23mの支洞から成り,天井の高さは3~6m。入口から最深部までぎっしり鍾乳石におおわれている。オーリニャック期に属する壁画(1952発見)が最深部に近い左壁にあり,約20点の鹿,ヤギ,象,人物が赤褐色または黒色の輪郭線で描かれている。【木村 重信

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クーニャックの関連キーワード洞窟画

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android