コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーマ考古学公園 クーマコウコガクコウエン

デジタル大辞泉の解説

クーマ‐こうこがくこうえん〔‐カウコガクコウヱン〕【クーマ考古学公園】

Parco Archeologico di Cuma》イタリア南部、カンパニア州の都市ナポリ西郊にある公園。紀元前8世紀頃、古代ギリシャがイタリア半島ではじめて築いた植民都市クーマエの遺跡がある。アポロン神殿、ジュピター神殿のほか、詩人ウェルギリウスの「アエネイス」に登場する巫女(みこ)(シビッラ)の墓と託宣を受けたという洞窟がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クーマ考古学公園の関連キーワード谷本アヤ松山ケンイチネアポリ考古学公園バイア海底考古学公園ナオミ健志柴田かおる東郷愛弓(業務提携)新城公仁子DJcartoon

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android