コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーマ類 クーマるいhooded shrimp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーマ類
クーマるい
hooded shrimp

軟甲綱クーマ目 Cumaceaとしてまとめられる海産甲殻類の総称。空摩という字をあてることもある。体長は 2~5mm,まれに 1~3cmに達するものもある。頭胸部は大きく,第1~3節を甲が覆う。第4~8胸節は独立して自由胸節と呼ばれる。腹部は細く,6節からなり,末端節に二叉状の大きな一対の尾肢をもつ。雌は胸脚の基部に哺育嚢をつくり,卵はこの中で親に近い形の幼生に発育する。すべて海産で,潮間帯から深海まで,砂泥底に体を埋めて生活するが,夜間は泳ぎ出る。世界で 11科 1300種以上が知られており,そのうち日本産は 5科約 90種。底魚類の天然餌料となる。(→節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クーマ類の関連キーワード甲類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android