グアラニ族のイエズス会伝道所(読み)グアラニぞくのイエズスかいでんどうしょ(英語表記)Jesuit of the Guaranis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアラニ族のイエズス会伝道所
グアラニぞくのイエズスかいでんどうしょ
Jesuit of the Guaranis

アルゼンチン,ブラジル,パラグアイの国境地帯に残る 17世紀イエズス会の先住民教化のための集落跡。 17世紀初頭,スペイン国王はラプラタ地方に住むグアラニ族をキリスト教に帰依させるためにイエズス会の宣教師を派遣した。宣教師たちはウルグアイ川とパラナ川に挟まれたジャングル奥地に分け入り,教化施設のレドゥクシオンを建設して先住民とともにユートピア的な共同生活を送りつつ布教に努めた。レドゥクシオンはアルゼンチン,ブラジル,パラグアイの国境地帯に 30施設が建設された。しかし約 160年後,イエズス会士追放令が発せられると,集落は放置され,ほどなく廃墟と化した。現在,聖堂の一部や宣教師たちの住居などがわずかに残る。 1983年にアルゼンチンのサン・イグナシオ・ミニ,サンタ・アナ,ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート,サンタ・マリア・ラ・マヨールが,1984年にはブラジルのサン・ミゲル・ミッションが,1993年にはパラグアイのラ・サンティシマ・トリニダード・デ・パラナ,ヘスス・デ・タバランゲが,それぞれ世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android