グエン・バン・ティエウ(英語表記)Nguyen Van Thieu

世界大百科事典 第2版の解説

グエン・バン・ティエウ【Nguyen Van Thieu】

1923‐2001
南ベトナムの軍人,政治家。日本ではグエン・バン・チューとも呼ぶ。中部ベトナムのニントゥアン出身。もともと陸軍将校であったが,1963年のゴ・ディン・ジェムに対するクーデタに参画して頭角を現し,67年に大統領となった。以降アメリカの支援を受けて北ベトナム,解放戦線に対抗すると共に,グエン・カオ・キ副大統領らの反対勢力を失脚させて,71年には大統領に再選され,独裁体制を確立した。しかし73年のパリ協定締結以降アメリカの軍事的後ろ楯を失い,74年には反体制運動の盛上りに直面した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android