グドブランスダール(英語表記)Gudbrandsdalen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グドブランスダール
Gudbrandsdalen

ノルウェー南部,オプラン県ローゲン川の水源からミエーサ湖にいたる谷間の地。周囲の山頂部はけわしく不毛であるが,谷の斜面は耕作地として利用され,乳牛,ヤギ,ヒツジを飼育する。谷の南端にある町リレハンメル以外は小村落。谷を通る鉄道がオスロトロンヘイムを結んでいる。独自の文化と方言をつくってきた付近一帯は,古くから通商路として知られ,『ペール・ギュント』などの伝説を生んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android