グドブランスダール(英語表記)Gudbrandsdalen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グドブランスダール
Gudbrandsdalen

ノルウェー南部,オプラン県ローゲン川の水源からミエーサ湖にいたる谷間の地。周囲の山頂部はけわしく不毛であるが,谷の斜面は耕作地として利用され,乳牛,ヤギ,ヒツジを飼育する。谷の南端にある町リレハンメル以外は小村落。谷を通る鉄道がオスロトロンヘイムを結んでいる。独自の文化と方言をつくってきた付近一帯は,古くから通商路として知られ,『ペール・ギュント』などの伝説を生んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android