コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラム当量 グラムトウリョウ

百科事典マイペディアの解説

グラム当量【グラムとうりょう】

化学当量にグラムをつけた量。たとえば酸素の1グラム当量は7.9997g。現在は使われていない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

グラムとうりょう【グラム当量】

元素・化合物の量を表す単位。一グラム当量の質量は化学当量にグラムの単位をつけたものに等しい。たとえば酸素の一グラム当量は7.997グラム、硫酸の一グラム当量は49.04グラム である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のグラム当量の言及

【化学当量】より

…酸素の1/2原子量が酸素の当量で,これと化合する各元素の量をその元素の当量という。当量の値にグラムをつけた量をその元素の1グラム当量という。水素や酸素と直接には化合しない元素の当量は,当量が既知である適当な元素を仲介にして決めることができるが,一般にいって,元素は原子量/原子価の割合で過不足なく化合するものであるから,この値が元素の当量になる。…

※「グラム当量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

グラム当量の関連キーワードファラデーの電気分解の法則低ナトリウム血症ファラデーの法則水素イオン濃度ファラデー定数アルカリ性食品当量電気伝導率塩基置換容量濃度(化学)電気化学当量当量伝導率ヘーゼル電解質規定液規定度化合物濃度規定

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android