コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当量 とうりょうequivalent

翻訳|equivalent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当量
とうりょう
equivalent

電気化学当量熱の仕事当量化学当量の3つがあるが,普通,化学当量をさす。化学当量には元素の当量,酸,塩基,塩の当量,酸化剤および還元剤の当量の3つがある。それぞれの物質の化学反応の量的関係を記述するうえに便利な化学量である。たとえば酸の当量はその式量を酸の含む水素原子 (イオン化しうるもの) 数で割った値で,グラム単位をつけたものがグラム当量である。1 l 中に1グラム当量の酸を含む場合,その酸溶液の濃度は1規定である。この酸溶液と反応するアルカリ溶液については,中和点では酸の当量数に等しい量のアルカリ (たとえば水酸化ナトリウム) の当量数が反応に関与する。すなわち当量とは化学反応する物質同士の対応する量を表わしており,互いに反応する物質の当量数は常に等しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

当量【とうりょう】

化学当量電気化学当量,熱の仕事当量などがあるが,一般には化学当量をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

当量

 (1) 酸素の1/2グラム原子と化合する他の元素のグラム原子数を元素の当量という.(2) 酸と塩基が反応して中性塩を作る場合のそれぞれの量を酸塩基当量という.(3) 水素1原子を与えるか酸素1/2原子を取り除く還元剤の量を酸化還元当量という.(4) 標準となる物質の活性に相当する量.β-カロテン当量ナイアシン当量など.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうりょう【当量 equivalent】

当量には化学当量,電気化学当量の仕事当量などがあるが,ふつう単に当量といえば化学当量のことである。化学当量【佐野 瑞香

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうりょう【当量】

一般に、二つの物質がちょうど過不足なく反応するときの物質の量。特に、「化学当量」または「電気化学当量」のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当量
とうりょう
equivalent

化学当量、電気化学当量、熱の仕事当量の三つがあるが、普通は化学当量をさす。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の当量の言及

【化学当量】より

…略して当量ともよばれ,元素の当量,酸および塩基の当量,酸化剤および還元剤の当量などがある。
[元素の当量]
 水の分子は原子価1の水素原子H2個と,原子価2の酸素原子O1個からできていて,成分元素の質量比は2×(Hの原子量):1×(Oの原子量)=(Hの原子量):1/2×(Oの原子量)であり,水素1.008に対し酸素1/2×16.00=8.00が過不足なく化合している。…

※「当量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

当量の関連キーワードアインシュタイン‐シュタルクの法則シュタルク‐アインシュタインの法則シュテルン‐アインシュタインの法則アインシュタインの光化学の式ヴァルデンの導電率の法則コールラウシュの平方根則コールラウシュの法則ファラデーの法則光化学当量の法則当量電気伝導率光化学第二法則最大許容線量放射線許容量シーベルト当量伝導率マイヤージュールラセミ体許容線量規定度

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

当量の関連情報