グランド・ジョラス山(読み)ぐらんどじょらすさん(英語表記)Grandes Jorasses

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グランド・ジョラス山
ぐらんどじょらすさん
Grandes Jorasses

フランス・イタリア国境、アルプス東部のモンブラン山群の高峰。標高4208メートル。登山史上著名な岩峰で、頂稜(ちょうりょう)は東西約1キロメートルにわたり、最高峰の東峰ウォーカー・ピーク、西峰のウィンパー・ピークなど6峰よりなり、エギュイーユ・デュ・ミディ山の展望台からその雄姿が望まれる。北壁は高度差1200メートルもあり、マッターホルン山、アイガー山とともにアルプス三大北壁として、その登攀(とうはん)の困難さで知られている。西峰は1865年イギリス人E・ウィンパーにより、東峰は1868年イギリス人W・H・ウォーカーによって初登頂された。北壁は1935年中央側稜よりドイツ人ピータースとマイヤーが、冬期は1963年イタリア人W・ボナッティによって初登攀されている。[徳久球雄]
『小西政継著『グランドジョラス北壁』(中公文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android