コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラーネ Johannes Gabriel Granö

世界大百科事典 第2版の解説

グラーネ【Johannes Gabriel Granö】

1882‐1956
フィンランドの地理学者。ドルパート,ヘルシンキトゥルクの各大学教授を歴任,地形学と地理学本質論について多くの業績をあげた。ロスベルクの指導で地理学を専攻したグラーネは,フィン・ウゴル協会の援助のもとに南シベリア山地や北モンゴル,アルタイ地方を調査し,《北西モンゴルと南シベリア山地の氷河期考》(1910)で学位を取得,さらに《アルタイ山地の地形とその成立》(1917)と《北東アルタイの地体構造》(1945)を公刊。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グラーネの関連キーワード新藤兼人[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三早稲田大学市川崑コーマン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android