グラーネ(英語表記)Johannes Gabriel Granö

世界大百科事典 第2版の解説

グラーネ【Johannes Gabriel Granö】

1882‐1956
フィンランドの地理学者。ドルパート,ヘルシンキトゥルクの各大学教授を歴任,地形学と地理学本質論について多くの業績をあげた。ロスベルクの指導で地理学を専攻したグラーネは,フィン・ウゴル協会の援助のもとに南シベリア山地や北モンゴル,アルタイ地方を調査し,《北西モンゴルと南シベリア山地の氷河期考》(1910)で学位を取得,さらに《アルタイ山地の地形とその成立》(1917)と《北東アルタイの地体構造》(1945)を公刊。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android