グラーブ(英語表記)Jean Grave

世界大百科事典 第2版の解説

グラーブ【Jean Grave】

1854‐1939
1880年から第1次世界大戦まで活躍したフランスの主要なアナーキスト。初期には爆弾をもってする“行動による宣伝”を信じたが,次第に教育宣伝による思想の改革を重要視した。83年,スイスでクロポトキンが発行していた新聞《ル・レボルテLe Révolté》を引き継ぎ,85年からフランスで発行する。紙名は《ラ・レボルトLa Révolte》,さらに《レ・タン・ヌーボーLes Temps nouveaux》と変わるが,この新聞発行が彼の主要な活動となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android