グリカランドウェスト(英語表記)Griqualand West

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリカランドウェスト
Griqualand West

南アフリカ共和国北ケープ州にあるグリカ族の居住地域。東は自由州,南はオレンジ川,西はラングバーグ山地に接する。18世紀末から 19世紀初頭,コイ族(いわゆるホッテントット)やバスタード(コイ族とボーア人の混血)がケープ植民地からこの地に移住,グリカと自称する集団を形成し,1830年代には,グリカタウン,キャンベル,フィリップポリスを中心に三つの集団が形成された。グリカタウンの首長ウォーターボーアの旧統治領域が現在のグリカランドウェストで,かつてはオレンジ自由国の一部であったが,1867年域内にダイヤモンドが発見されるとイギリスがその併合を要求,1871年に武力でオレンジ自由国からこの地を奪取,1880年にケープ植民地に併合した。キンバリーをはじめ,ホープタウン,ポストマスバーグ,バークリーウェスト,ワレントンなどの町があり,ダイヤモンド,マンガンなどの鉱業や牧畜,穀物,果物を主とする農業が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android