コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリコーゲン合成酵素

栄養・生化学辞典の解説

グリコーゲン合成酵素

 [EC2.4.1.11].UDPグルコースを基質にグリコーゲンを合成する酵素.リン酸エステル化されると不活性型になる.インスリンはこの酵素の脱リン酸反応を触媒するプロテインホスファターゼをリン酸化して活性化し,グリコーゲン合成酵素の脱リン酸を促進することによってグリコーゲン合成を活性化する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

グリコーゲン合成酵素の関連キーワードグリコーゲンシンターゼキナーゼウリジン5'二リン酸グルコース肝グリコーゲン合成酵素欠損症肝グリコーゲン合成酵素欠損グリコーゲン・ローディングカルモジュリン解糖

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android