グリゴロービチ(読み)ぐりごろーびち(英語表記)Дмитрий Васильевич ГригоровичDmitriy Vasil'evich Grigorovich

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリゴロービチ(Dmitriy Vasil'evich Grigorovich)
ぐりごろーびち
Дмитрий Васильевич Григорович Dmitriy Vasil'evich Grigorovich
(1822―1900)

ロシアの小説家、美術評論家。作風は写実主義的傾向。シンビルスクの地主貴族の家に生まれる。母は亡命フランス人。ペテルブルグ陸軍工兵学校(ここでドストエフスキーを知る)、のち美術学校に学ぶ。中編小説『村』(1846)、『不幸者アントン』(1847)が代表作。農民の悲惨な生活を描いて、ツルゲーネフ『猟人日記』に先んじた。長編小説に『漁夫』(1853)、『移住者』(1856)があり、民俗学的資料に富む。後期の代表作に、少年軽業(かるわざ)師の悲劇的な運命を描いた中編『ゴム少年』(1883)がある。[佐々木彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android