コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猟人日記 りょうじんにっきZapiski okhotnika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

猟人日記
りょうじんにっき
Zapiski okhotnika

ロシアの小説家 I.ツルゲーネフの小説集。 1852年刊。ロシアの美しい田園を背景に,農奴制下の農民の姿をスケッチ風に描いた短編 25編を収める。二葉亭四迷の名訳『あひゞき』 (1888) ,『めぐりあひ』 (88~89) は,国木田独歩をはじめ日本の近代の作家に多くの影響を与えた。 (→あいびき )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りょうじんにっき〔レフジンニツキ〕【猟人日記】

《原題、〈ロシア〉Zapiski okhotnikaツルゲーネフの短編集。1852年に22編で刊行、1880年に3編が追加され、全25編となる。ハンターの見聞録のかたちで農奴の悲惨な生活と高貴な魂とを描き、農奴解放に大きな影響を及ぼした。
戸川昌子のミステリー小説。昭和38年(1963)刊行。同年の第50回直木賞候補作となる。昭和39年(1964)公開の中平康監督による映画化作品には、著者自身も出演している。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうじんにっき【猟人日記】

ツルゲーネフの短編集。1852年刊。一狩猟家の見聞のかたちで、農奴制下のロシア農民の悲惨な生活と魂の尊厳を描く。農奴制廃止の契機ともなった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猟人日記
りょうじんにっき
Записки охотника Zapiski ohotnika 

ロシアの作家ツルゲーネフの、25の独立した短編からなる小説集。22編は1847~52年に発表され、80年新たに三編を追加、現行のものとなる。作者はこの作品によって散文作家としての地位を確立した。中部ロシアのオリョール地方を舞台に、ハンターが道中で見聞したことをスケッチするという形式をとる。農奴体制下のロシア農民の生態がきわめて写実的に描かれ、背景をなす美しい自然と相まって、全編に詩情が漂っている。この書を読んでアレクサンドル2世は、農奴制廃止を決意したといわれる。農村小説の先例としてはグリゴロービチの作品があるが、それは過酷な農村の現実描写に優れるものの、暗すぎて救いがない。同じ田園小説にしても、フランスのジョルジュ・サンドの小説は、農村が美化され、理想化されすぎて、現実を離れた牧歌的なものとなっている。『猟人日記』の特色は、現実をまともに見つめながら、しかもなお叙情性を失わないところにある。農民のうちにある高貴な品性や、優れた才能や、民間伝承の詩的世界について語ることにより、かえって農奴制がどんなに人間を疎外する非人道的なものであるかを、強く印象づけたのである。このなかの一編『あひゞき』は二葉亭四迷(しめい)の名訳で知られる。[佐々木彰]
『『猟人日記』(工藤精一郎訳・新潮文庫/佐々木彰訳・岩波文庫) ▽『あひゞき』(『二葉亭四迷全集1』所収・1964・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

猟人日記の関連キーワードグリゴロービチ(Dmitriy Vasil'evich Grigorovich)エミリー モーティマーツルゲーネフ(年譜)オーチェルク中山 省三郎宇能鴻一郎リアリズム井上 覚造ロシア文学中山省三郎翻訳文学仲谷 昇自然主義デリベス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猟人日記の関連情報