コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリュイエール城 グリュイエールじょう

1件 の用語解説(グリュイエール城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

グリュイエールじょう【グリュイエール城】

スイス西部のレマン湖畔のモントルー(Montreux)近郊、特産のチーズで有名なグリュイエール(Gruyeres)村を見下ろす高台にある古城。中世からルネサンス期の16世紀まで、この地方で隆盛を誇ったグリュイエール伯の居城で、12世紀に建設が始まり、15世紀に大規模な改修が行われた。1848年にはホヴィー家の所有の城となった後、1938年にフリブール州の所有となり、博物館として公開されている。各時代の建築様式や装飾が見学できるほか、ピアノコローの絵画、ルイ王朝時代の調度品などがある。また、その一角には、映画『エイリアン』のデザイナーとして知られるハンス・ルーディ・ギーガー(Hans Ruedi Giger)の美術館も併設されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリュイエール城の関連キーワードモントルーレマン湖シュピーツシヨン城ニヨンパレデナシオンブベイモレーン湖ラボーマントル・プルーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone