コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルカゴン関連ペプチド

1件 の用語解説(グルカゴン関連ペプチドの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

グルカゴン関連ペプチド

 グルカゴン様ペプチドともいう.本来グルカゴンの抗体に反応するペプチド,すなわちグルカゴン,エンテログルカゴン,グリセンチン,グルカゴン様免疫交叉物質,プログルカゴン,グルカゴン様ペプチド(GLP)-1,GLP-2などをいう.グルカゴンを除く場合が多い.グルカゴン遺伝子コードされているペプチドは,前駆体の形で合成され,翻訳後のプロセッシングによってグルカゴンもしくはグルカゴン関連ペプチドが合成される.膵臓でこの遺伝子が発現するとグルカゴンを生成するのに対し,小腸下部で発現するとグルカゴン関連ペプチドを生成する.グルカゴン様ペプチド(GLP)-1,GLP-2は回腸に多いL細胞が産生するペプチドで,インスリンの分泌を促進し,食欲を抑制する.⇒グルカゴン遺伝子

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルカゴン関連ペプチドの関連キーワードポリペプチド神経ペプチド胃液分泌抑制ペプチドうま味ペプチドグルカゴン遺伝子グルカゴン様ペプチドジペプチダーゼ脳ナトリウム排泄ペプチドバソアクティブ腸管ペプチドプログルカゴン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone