コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリオス・タウマトゥルゴス Grēgorios Taumatourgos

世界大百科事典 第2版の解説

グレゴリオス・タウマトゥルゴス【Grēgorios Taumatourgos】

213ころ‐270ころ
ギリシア教父。パレスティナのカエサレアでオリゲネスに師事。故郷ポントスのネオカエサレアに戻って,同地の主教となり,オリゲネス神学に即してパウロ派などの異端と戦い,カッパドキア地方の宣教に貢献した。呼び名〈タウマトゥルゴス〉は〈奇跡をなす人〉の意で,宣教の過程でさまざまの驚くべき奇跡を行ったとの後代の伝承による。現存する著作として《信仰告白》《伝道書釈義》,神の受苦不能性について論じたテオポンポスあての書簡(シリア語で伝わる)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グレゴリオス・タウマトゥルゴスの関連キーワードクインチルスビッグ・ショーグレゴリウス・タウマツルグスギリシア哲学史(年表)エアバスA350-XBW旅客機3E4Eゼビバイトアウレリアヌスクラウディウス[2世]

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android