コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロシュラ grossular; grossularite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロシュラ
grossular; grossularite

グロシュラライト,灰礬柘榴石 (かいばんざくろいし) とも呼ばれる。 Ca3Al2(SiO4)3 で表わされる柘榴石固溶体の端成分。 Fe,Cr が微量に入ったものは緑色になるが,この色がセイヨウスグリ grossulariaの色に似ていることからこの名がつけられた。立方晶系の白,金黄ないし褐赤色の鉱物。硬度7,比重 3.594。鉄礬柘榴石パイロープと固溶体をつくる。天然にも 95%以上に純粋なものがある。不純石灰岩源のホルンフェルスに多く産出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グロシュラの関連キーワードセイヨウスグリ加水ざくろ石肉桂石柘榴石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android