コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロドノ州 グロドノGrodno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロドノ〔州〕
グロドノ
Grodno

ベラルーシ西部の州。州都グロドノポーランドリトアニアと接する州で,波状の平地から成る。主要農作物はテンサイ,アマ,ジャガイモライムギオオムギなどで,農業生産では畜産業が大きな比重を占めている。泥炭以外の地下資源の開発は行われていないが,ウクライナからの天然ガスを原料として化学工業が発展し,肥料,染料,合繊などの生産が行われている。そのほか食品 (食肉,砂糖,缶詰) ,皮革,製靴,繊維,木材加工,機械 (電気,農業) などの工業がある。鉄道路線が発達し,ポーランドへ通じる鉄道が州内を通っている。 1980年代後半に,都市人口率は 50%以上に達した。面積2万 5000km2。人口 118万 9000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グロドノ州の関連キーワードミール地方の城と関連建物群スロニムリダ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android