グロノビウス(英語表記)Johann Friedrich Gronovius

世界大百科事典 第2版の解説

グロノビウス【Johann Friedrich Gronovius】

1611‐71
17世紀の代表的西洋古典学者の一人。ハンブルクに生まれ,ライプチヒイェーナライデンフローニンゲンの各大学で学んだのち,フランス,イタリア,イギリスを歴訪し,数多くの写本に直接触れた。師ハインシウスの後継者としてライデン大学に就任し,古代ローマの古典を数多く校訂,刊行した。特に,リウィウス,セネカ,ゲリウススタティウスプラウトゥスサルスティウス,大プリニウス,タキトゥスらの作品の校訂に功績があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android