コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロノビウス Johann Friedrich Gronovius

世界大百科事典 第2版の解説

グロノビウス【Johann Friedrich Gronovius】

1611‐71
17世紀の代表的西洋古典学者の一人。ハンブルクに生まれ,ライプチヒイェーナライデンフローニンゲンの各大学で学んだのち,フランス,イタリア,イギリスを歴訪し,数多くの写本に直接触れた。師ハインシウスの後継者としてライデン大学に就任し,古代ローマの古典を数多く校訂,刊行した。特に,リウィウス,セネカ,ゲリウススタティウスプラウトゥスサルスティウス,大プリニウス,タキトゥスらの作品の校訂に功績があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グロノビウスの関連キーワード天文学史(年表)慶長の大地震由良国繁グスタブ[2世]後水尾天皇ジェズアルドカルル9世後陽成天皇ケプラーフレッチャー(John Fletcher、劇作家)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android