コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライプチヒ Leipzig

翻訳|Leipzig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライプチヒ
Leipzig

ドイツ東部,ザクセン州の都市。ベルリンの南西,鉄道で約 180km,ワイセエルスター,プライセ,パルテの3河川の合流点付近に位置する。スラブ人の集落として興り,1015年に要塞が築かれ,1156~70年に都市権を得,以後商業中心地として発達。 1952~90年ライプチヒ県 (旧東ドイツ) の県都。第2次世界大戦前,ドイツ最大のものとして知られた国際見本市も,1170年頃に起源をもつとされる。国際見本市は現在も春秋2回ずつ開かれている。 17世紀末から盛んになった出版印刷業も重要で,ドイツ東部における経済,文化の中心地となっている。ライプニッツ,ゲーテ,フィヒテ,R.ワーグナーなどを輩出したライプチヒ大学 (1409創立。 1953~90にはカルル・マルクス大学ライプチヒ) ,蔵書 2000万冊を誇る図書館をはじめ各種のすぐれた教育研究機関があり,博物館,歌劇場などの劇場,ゲバントハウスなどにも,かつて「小パリ」と称された頃からの伝統が継承されている。工業ではハレとともに中部ザクセン工業地域の中心をなし,重機械,輸送機械,電気機器,衣料,化学製品の生産が盛んである。第2次世界大戦で多くの歴史的建造物が破壊されたが,J.S.バッハが 27年間音楽監督を務めた聖トマス教会 (13世紀) ,16世紀の市庁舎,ゲーテの『ファウスト』の舞台となった居酒屋アウエルバッハ・ケラーなどが修復されている。人口 51万8862(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ライプチヒ(Leipzig)

ドイツ中東部、ザクセン地方の商工業都市。出版業などが盛ん。国際工業見本市が開かれる。1409年創立の大学、演奏会場として有名なゲバントハウス(織物会館)、聖トーマス教会などがある。人口、行政区49万(1999)。ライプツィヒ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ライプチヒ

ドイツ東部の都市。ベルリン南西約150km,エルベ川の支流エルスター川に臨む。交通の要地鉄鋼・機械・化学工業が行われ,出版が盛んで,春秋2回の国際見本市は著名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ライプチヒ【Leipzig】

ドイツ東部,ザクセン州の都市。人口48万1000(1995)。ザーレ川の支流であるエルスターElster川とプライセPleisse川との合流点,年間平均気温8.7℃,559mmの年間降水量をもつ農耕地帯に位置し,地下に豊富な褐炭の鉱床もある。古い商工業者の町で,鉄道と高速道路でベルリン,ドレスデンなどと結ばれ,工業の密集地域となっている。春秋に国際見本市が開かれ,歴史的に由緒ある建物も多く,音楽など文化の薫り高く,15世紀初頭以来大学都市でもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ライプチヒ【Leipzig】

ドイツ東部の都市。エルベ川支流に沿う交通の要地。古くから商業・学術・文化の中心地で、国際見本市や出版業で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ライプチヒの関連キーワードライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団ヴォルフガング フォルトナーカール・E.K. ヘーリングアルフレッド コージングアウグスト シュマルソーゲバントハウス管弦楽団オイレンブルク出版社E.O. ベックマンティッシェンドルフハンス フライアールドルフ ケチュケウィスリツェヌスマイヤー百科事典ブランデンブルクコンビチュニーライプチヒの戦レーンホルムクルージウスバックハウスフォルトナー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライプチヒの関連情報