コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライプチヒ ライプチヒLeipzig

翻訳|Leipzig

5件 の用語解説(ライプチヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライプチヒ
ライプチヒ
Leipzig

ドイツ東部,ザクセン州の都市。ベルリンの南西,鉄道で約 180km,ワイセエルスター,プライセ,パルテの3河川の合流点付近に位置する。スラブ人の集落として興り,1015年に要塞が築かれ,1156~70年に都市権を得,以後商業中心地として発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ライプチヒ(Leipzig)

ドイツ中東部、ザクセン地方の商工業都市。出版業などが盛ん。国際工業見本市が開かれる。1409年創立の大学、演奏会場として有名なゲバントハウス(織物会館)、聖トーマス教会などがある。人口、行政区49万(1999)。ライプツィヒ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ライプチヒ

ドイツ東部の都市。ベルリン南西約150km,エルベ川の支流エルスター川に臨む。交通の要地で鉄鋼・機械・化学工業が行われ,出版が盛んで,春秋2回の国際見本市は著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ライプチヒ【Leipzig】

ドイツ東部,ザクセン州の都市。人口48万1000(1995)。ザーレ川の支流であるエルスターElster川とプライセPleisse川との合流点,年間平均気温8.7℃,559mmの年間降水量をもつ農耕地帯に位置し,地下に豊富な褐炭の鉱床もある。古い商工業者の町で,鉄道と高速道路でベルリン,ドレスデンなどと結ばれ,工業の密集地域となっている。春秋に国際見本市が開かれ,歴史的に由緒ある建物も多く,音楽など文化の薫り高く,15世紀初頭以来大学都市でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ライプチヒ【Leipzig】

ドイツ東部の都市。エルベ川支流に沿う交通の要地。古くから商業・学術・文化の中心地で、国際見本市や出版業で知られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライプチヒの関連情報