コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインシウス Daniel Heinsius

世界大百科事典 第2版の解説

ハインシウス【Daniel Heinsius】

1580か81‐1655
オランダの西洋古典学者。ヘント(現,ベルギー領)に生まれ,ライデン大学で法律を学んだがギリシア・ローマの古典に深甚な興味を抱き,のちに母校の古典科教授として研究・教育の両面で大きな功績を残した。アリストテレスの《詩学》を校訂し,それに翻訳と注釈を添えて発行する一方,みずからも《悲劇論》を著し,フランスの劇作家ラシーヌやコルネイユにも影響を与えた。ほかにテレンティウスホラティウス,セネカらの作品も校訂したが,最大の学問的業績はオウィディウスの諸作品の校訂である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハインシウスの関連キーワードグロノビウス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android