コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲリウス ゲリウスGellius, Aulus

2件 の用語解説(ゲリウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲリウス
ゲリウス
Gellius, Aulus

[生]130頃
[没]165頃
古代ローマの著述家。ローマで文学を学んでからアテネに留学して哲学を聴講し,学問芸術の保護者ヘロデス・アッチクスと親交を結んだ。帰国後は民事訴訟の判事に任じられ,以後法律を業とするかたわら勉学と執筆を続行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲリウス【Aulus Gellius】

123ころ‐169
ローマの随筆家。20巻の《アッティカの夜々》と題する随筆の作者。同書は第8巻以外は現存する。青年時代ローマで法律,修辞学を修めた後,哲学を学ぶためアテナイへ行き,著名な弁論家へロデス・アッティクスと親交を結んだ。彼の師友にはフロントや修辞学者ファウォリヌスなどがいる。ローマに帰ってのち司法官となった。《アッティカの夜々》の内容は,歴史,哲学,法律,文学など百般に及ぶ。275名のギリシア,ローマの作家からの引用を含み,この書によってのみ知りうる作家も多く,貴重な文献。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のゲリウスの言及

【ラテン文学】より

…ほかにウェレイウス・パテルクルスVelleius Paterculus,クルティウス・ルフスCurtius Rufus,フロルスなどの歴史家の名がみられる。またそのほかの散文作家には,小説《サテュリコン》の作者ペトロニウス,百科全書《博物誌》の著者の大プリニウス,《書簡集》を残した雄弁家の小プリニウス,農学書を残したコルメラ,2世紀に入って,《皇帝伝》と《名士伝》を著した伝記作家スエトニウス,哲学者で小説《黄金のろば(転身物語)》の作者アプレイウス,《アッティカ夜話》の著者ゲリウスなどがいる。 詩の分野ではセネカの悲劇のほかに,叙事詩ではルカヌスの《内乱(ファルサリア)》,シリウス・イタリクスの《プニカ》,ウァレリウス・フラックスの《アルゴナウティカ》,スタティウスの《テバイス》と《アキレイス》など,叙事詩以外ではマニリウスの教訓詩《天文譜》,ファエドルスの《寓話》,カルプルニウスCalpurniusの《牧歌》,マルティアリスの《エピグランマ》,それにペルシウスとユウェナリスそれぞれの《風刺詩》などがみられる。…

※「ゲリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲリウスの関連キーワード自己株式色覚徳山駅周辺整備事業徳山駅周辺整備計画電離層ライト級乾性油印南亜衣ローランド(筑波)号高血圧症

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゲリウスの関連情報