コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲリウス Gellius, Aulus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲリウス
Gellius, Aulus

[生]130頃
[没]165頃
古代ローマの著述家。ローマで文学を学んでからアテネに留学して哲学を聴講し,学問芸術の保護者ヘロデス・アッチクスと親交を結んだ。帰国後は民事訴訟の判事に任じられ,以後法律を業とするかたわら勉学と執筆を続行。すでにアテネ滞在中に,子供たちのために随筆集の資料収集と執筆を始め,これを『アッチカ夜話』 Noctes Atticaeと呼んだ。これは読書と伝聞に基づいて,法律,言語,文法,歴史,伝記,文献批判などさまざまな問題を論じたもので,特に散逸したギリシア・ローマの原典からの引用の宝庫として,古来多くの作家によって典拠とされている。全 20巻中第8巻を除いて現存。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゲリウス【Aulus Gellius】

123ころ‐169
ローマの随筆家。20巻の《アッティカの夜々》と題する随筆の作者。同書は第8巻以外は現存する。青年時代ローマで法律,修辞学を修めた後,哲学を学ぶためアテナイへ行き,著名な弁論家へロデス・アッティクスと親交を結んだ。彼の師友にはフロントや修辞学者ファウォリヌスなどがいる。ローマに帰ってのち司法官となった。《アッティカの夜々》の内容は,歴史,哲学,法律,文学など百般に及ぶ。275名のギリシア,ローマの作家からの引用を含み,この書によってのみ知りうる作家も多く,貴重な文献。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のゲリウスの言及

【ラテン文学】より

…ほかにウェレイウス・パテルクルスVelleius Paterculus,クルティウス・ルフスCurtius Rufus,フロルスなどの歴史家の名がみられる。またそのほかの散文作家には,小説《サテュリコン》の作者ペトロニウス,百科全書《博物誌》の著者の大プリニウス,《書簡集》を残した雄弁家の小プリニウス,農学書を残したコルメラ,2世紀に入って,《皇帝伝》と《名士伝》を著した伝記作家スエトニウス,哲学者で小説《黄金のろば(転身物語)》の作者アプレイウス,《アッティカ夜話》の著者ゲリウスなどがいる。 詩の分野ではセネカの悲劇のほかに,叙事詩ではルカヌスの《内乱(ファルサリア)》,シリウス・イタリクスの《プニカ》,ウァレリウス・フラックスの《アルゴナウティカ》,スタティウスの《テバイス》と《アキレイス》など,叙事詩以外ではマニリウスの教訓詩《天文譜》,ファエドルスの《寓話》,カルプルニウスCalpurniusの《牧歌》,マルティアリスの《エピグランマ》,それにペルシウスとユウェナリスそれぞれの《風刺詩》などがみられる。…

※「ゲリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲリウスの関連キーワードヘロデス・アッチコスアンドロクレスフラカストログロノビウスシベリウス古典

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android