コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルケリヌス Marcellinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルケリヌス
Marcellinus

[生]?. ローマ?
[没]304.10. ローマ
ローマ出身とされる第29代教皇在位 291/296~304)。聖人。その在位期間は,平穏な時代が長く続いたのち,303年,ローマ皇帝ディオクレチアヌス(在位 284~305)が最後のキリスト教弾圧を開始し終わりを告げた。迫害にあって背教し,ローマの異教の神を崇拝したとも伝えられるが,ヒッポの司教アウグスチヌスはこれを否定している。殉教したと推測されるが,その事実は証明されていない。マルケリヌスの死後,311年7月にミルチアデスが教皇に選出されるまで,教会政府にとって危機の時代が長く続いた。祝日は 6月2日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マルケリヌスの関連キーワード神の国(アウグスティヌスの著作)マルケルス1世ユリアヌスリキメルセリカネポス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android