コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタティウス Publius Papinius Statius

大辞林 第三版の解説

スタティウス【Publius Papinius Statius】

40頃~96頃) 古代ローマの詩人。長編叙事詩「テーベ物語」、三二編の詩を集めた詩集「シルウァエ」などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スタティウス【Publius Papinius Statius】

40か45ころ‐96ころ
帝政期ローマの詩人。ナポリ出身。詩人,学校教師の父より教育を受け,若年にして詩才を発揮,ローマに出てドミティアヌス帝の愛顧を受け,当時第一流の詩人としての地位を築いた。94年ころカピトリウムの詩の競技に敗れ,故郷に隠退した。博学にして情愛の深い人であった。作品中,オイディプス王の2子の王位争いに取材した叙事詩《テーバイス(テーバイ物語)》12巻,英雄アキレウスの生涯を扱った未完の叙事詩《アキレイス》2巻,祝婚歌,送別歌など題を得て作詩した即興詩集《シルウァエ》5巻が伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタティウス
すたてぃうす
Publius Papinius Statius
(45ころ―96)

古代ローマの詩人。ナポリで生まれる。父親に詩の手ほどきを受け、ローマで詩人としての名声を確立したが、晩年は故郷に隠退し、そこで亡くなった。現存作品としては、叙事詩『テーバイ物語』全12巻、叙事詩『アキレウス物語』(未完)、おりおりに書かれた32編の詩を集めた『シルウァエ』全五巻がある。中世の詩人ダンテやチョーサーに多大の影響を及ぼした。[木村健治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスタティウスの言及

【ラテン文学】より

…またそのほかの散文作家には,小説《サテュリコン》の作者ペトロニウス,百科全書《博物誌》の著者の大プリニウス,《書簡集》を残した雄弁家の小プリニウス,農学書を残したコルメラ,2世紀に入って,《皇帝伝》と《名士伝》を著した伝記作家スエトニウス,哲学者で小説《黄金のろば(転身物語)》の作者アプレイウス,《アッティカ夜話》の著者ゲリウスなどがいる。 詩の分野ではセネカの悲劇のほかに,叙事詩ではルカヌスの《内乱(ファルサリア)》,シリウス・イタリクスの《プニカ》,ウァレリウス・フラックスの《アルゴナウティカ》,スタティウスの《テバイス》と《アキレイス》など,叙事詩以外ではマニリウスの教訓詩《天文譜》,ファエドルスの《寓話》,カルプルニウスCalpurniusの《牧歌》,マルティアリスの《エピグランマ》,それにペルシウスとユウェナリスそれぞれの《風刺詩》などがみられる。2世紀初頭に創作したユウェナリスのほかはすべて1世紀の詩人たちである。…

※「スタティウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スタティウスの関連キーワードポッジョ・ブラッチョリーニラテン文学史(年表)オランダ領アンティルリーワード諸島ポリツィアーノグロノビウス西インド諸島BES諸島ラテン文学SSS諸島オランダ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android