コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローテ Groote, Geert de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グローテ
Groote, Geert de

[生]1340.10. ドベンター
[没]1384.8.20. ドベンター
14世紀末のオランダの神秘家,修道会「共同生活の兄弟団」 Fratres de Vita Communiの創設者。オランダ語ではフローテ,ラテン語では Gerardus Magnus。近代敬虔主義 (→デウォーチオ・モデルナ ) の父。ヨーロッパ各地の大学でさまざまな学問を修めたが,1374年頃カルトゥジオ修道会士に会い回心。使徒的禁欲生活を求めて,自己の資産を放棄,修道生活に入る。 76年頃ユトレヒト教区の助祭に叙階され,説教者として活躍。「兄弟団」からはトマス・ア・ケンピスやニコラウス・クザーヌスらが出,グローテ自身,現在ア・ケンピスに帰せられている『キリストにならいて』 De imitatione Christiの作者に擬せられたこともある。また彼の宗教的精神は,のちのルターに深い影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グローテの関連キーワード楔形文字(くさびがたもじ)ドイツ民主共和国古代ペルシア文字シューマッハー白銀はまねくよドイツ神秘主義ローリンソン形而上学叙説3月11日6月9日ピーク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android