コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グントラム Guntram

1件 の用語解説(グントラムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グントラム【Guntram】

525ころ‐593
メロビング朝フランク王。在位561‐593年。ブルグント分国を支配する。中央集権的なローマ政治理念とメロビング王家への帰属意識のもとに,アウストラシアネウストリア両分国王権の後見人の立場から両者の争いを抑え,フランク国家の統一をはかる。正統教会の保護者として,教会および修道院に莫大な寄進を行い,6回の教会会議を催した。その西ゴート政策にもアリウス派に対抗するという宗教的意図がうかがえる。【徳田 直宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のグントラムの言及

【メロビング朝】より

…東分国では,王ジギベルト1世(在位561‐575)が西分国側の手で謀殺されると(575),貴族勢力が台頭し,指導権を掌握した。しかし,ブルグント分国王グントラム(在位561‐593)が兄弟諸王の死により,彼らの遺児の後見人となり,同朝の危機,すなわち東分国貴族が支援する,前王クロタール1世の庶子グンドバルドのクーデタを切り抜け(584),同時に貴族勢力の制圧にも成功した。グントラムは東分国王ヒルデベルト2世(在位575‐595)および母后ブルンヒルデと,ヒルデベルト2世をみずからの相続人と定めるアンデロー協約を結び(587),ブルグントのローマ的基盤に立つ中央集権的政策を展開した。…

※「グントラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グントラムの関連キーワードカロリング朝宮宰東フランク王国フランク王国メロビング朝ユーグカペーロビングクロビス一世サンレミ聖堂ハーフロビング

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グントラムの関連情報