コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グントラム Guntram

世界大百科事典 第2版の解説

グントラム【Guntram】

525ころ‐593
メロビング朝のフランク王。在位561‐593年。ブルグント分国を支配する。中央集権的なローマ政治理念とメロビング王家への帰属意識のもとに,アウストラシアとネウストリア両分国王権の後見人の立場から両者の争いを抑え,フランク国家の統一をはかる。正統教会の保護者として,教会および修道院に莫大な寄進を行い,6回の教会会議を催した。その西ゴート政策にもアリウス派に対抗するという宗教的意図がうかがえる。【徳田 直宏】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグントラムの言及

【メロビング朝】より

…東分国では,王ジギベルト1世(在位561‐575)が西分国側の手で謀殺されると(575),貴族勢力が台頭し,指導権を掌握した。しかし,ブルグント分国王グントラム(在位561‐593)が兄弟諸王の死により,彼らの遺児の後見人となり,同朝の危機,すなわち東分国貴族が支援する,前王クロタール1世の庶子グンドバルドのクーデタを切り抜け(584),同時に貴族勢力の制圧にも成功した。グントラムは東分国王ヒルデベルト2世(在位575‐595)および母后ブルンヒルデと,ヒルデベルト2世をみずからの相続人と定めるアンデロー協約を結び(587),ブルグントのローマ的基盤に立つ中央集権的政策を展開した。…

※「グントラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

グントラムの関連キーワードシュトラウス(Richard (Georg) Strauss)クロタール(2世)ヒルペリヒ1世

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android