コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケアロ Cairo

翻訳|Cairo

世界大百科事典 第2版の解説

ケアロ【Cairo】

アメリカ合衆国イリノイ州南端の都市。人口5931(1980)。ミシシッピ川とオハイオ川の合流点に位置する。19世紀初頭の開拓期,エジプトのカイロに地形が似ていると考えられたため,この名が付けられた。イリノイ州南端は今日でも〈小エジプトLittle Egypt〉と呼ばれる。シカゴと結ばれる鉄道によって商業が栄え,南北戦争の際にはグラント将軍の基地ともなった。今日ではマグノリア(モクレン)の町として知られ,5月にマグノリア祭がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ケアロの関連キーワードアルフレッド アパカ生活支援ロボットオハイオ[川]ベイマックスアパカ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android