コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケアロ Cairo

翻訳|Cairo

1件 の用語解説(ケアロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケアロ【Cairo】

アメリカ合衆国イリノイ州南端の都市。人口5931(1980)。ミシシッピ川オハイオ川の合流点に位置する。19世紀初頭の開拓期,エジプトカイロに地形が似ていると考えられたため,この名が付けられた。イリノイ州南端は今日でも〈小エジプトLittle Egypt〉と呼ばれるシカゴ結ばれる鉄道によって商業が栄え,南北戦争の際にはグラント将軍の基地ともなった。今日ではマグノリア(モクレン)の町として知られ,5月にマグノリア祭がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケアロの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカンイリノイ合衆国ネバダネブラスカ北米亜米利加アメリカ連合国

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケアロの関連情報