ケイジャン料理(読み)ケイジャンリョウリ

デジタル大辞泉 「ケイジャン料理」の意味・読み・例文・類語

ケイジャン‐りょうり〔‐レウリ〕【ケイジャン料理】

《ケイジャンはCajun》米国南部ルイジアナ州の料理タバスコチリなど辛いスパイスのきいているのが特徴
[補説]ケイジャンは、米国のルイジアナメーン両州に住む、カナダ南東部の旧フランス植民地のアカディアから移住してきたフランス人のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典 「ケイジャン料理」の解説

ケイジャンりょうり【ケイジャン料理】

アメリカ南部のルイジアナ州ミシシッピ川周辺の郷土料理。米・豆類・セロリピーマン・たまねぎ・トマトなどが用いられ、スパイスきかせたものが多い。代表的な料理にジャンバラヤガンボなどがある。川魚・わに・かえるなどを食材に用いることもある。◇「ケイジャン(Cajun)」は、カナダ南東部の旧フランス領アカディア(現在のノバスコシア周辺)が18世紀初頭にイギリス領になった折り、アカディアからミシシッピ川河口に移住したフランス系住民。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android