コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイズル Keijser, Hans Jurgen

2件 の用語解説(ケイズルの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ケイズル Keijser, Hans Jurgen

1697-1735 オランダの調馬師。
享保(きょうほう)10年(1725)来日,翌年将軍徳川吉宗に洋馬を献上した。その後もたびたび江戸で洋式馬術を披露し,飼養法,病馬治療法などを斎藤盛安らに教授した。これを今村英生(えいせい)は「西説伯楽必携」として刊行。1735年12月5日帰国途上の船中で殺された。38歳。ケイツル(計都留),ケイゼルとも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ケイズル

没年:1735.12.5(1735.12.5)
生年:生年不詳
江戸中期に来日したオランダ人馬術家。わが国で最初に西洋式の騎法を公開演技した。享保11(1726)年に来日し,同年3月1日に将軍徳川吉宗の乗馬上覧に浴し,同14年,15年,20年と前後4回にわたって実演した。『有徳院殿御実紀』には,幕府はケイズルを江戸に呼びよせて遊覧させ,また斎藤盛安や馬役富田又左衛門らの幕士にも学ばせた,と記されている。約10年間にわたって幕府と関係を持ち,オランダの馬術の紹介に努めた労として,江戸大川で花火が催された。<参考文献>今村嘉雄『十九世紀に於る日本体育の研究』

(藤堂良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケイズルの関連キーワードオランダ通詞オランダ屋敷抜け荷エイクマンオランダ渡りダッチオランダ下りアルマンスデュールコープドールン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone