コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村英生 いまむらえいせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今村英生
いまむらえいせい

[生]寛文11(1671).11.5. 長崎
[没]元文1(1736).8.18. 長崎
江戸時代中期のオランダ通詞。通称源右衛門,のちに市兵衛。元禄8 (1695) 年稽古通詞,翌年小通詞,宝永4 (1707) 年大通詞に昇進。享保 10 (1725) 年御用方兼大通詞となり,同 13年から通詞目付。宝永5 (1708) 年イタリア宣教師 G.シドッチが捕えられ,新井白石の訊問を受けるなどした際,終始その通訳にあたった。また享保 14 (1729) 年,幕命により西洋馬書の翻訳を行ない,『西説伯楽必携』を著わした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今村英生の関連キーワードカンプハイスイアペトゥスオペラ座栗山潜鋒呉偉業即非如一伊達騒動原田甲斐復楽園覆醤集

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone