コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雍正帝 ようせいてい Yong-zheng-di; Yung-chêng-ti

6件 の用語解説(雍正帝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雍正帝
ようせいてい
Yong-zheng-di; Yung-chêng-ti

[生]康煕17(1678).10.30. 北京
[没]雍正13(1735).8.23. 北京
中国,清朝の第5代皇帝 (在位 1723~35) 。名は胤しん (いんしん) 。諡は憲皇帝。廟号は世宗。年号は雍正。康煕帝の第4子で和碩雍親王となり,次いで継位争いのさなかに即位した。即位後ただちに継位を争った允し (いんし) ,允とう (いんとう) を庶民に下し,権臣の年羹堯 (ねんこうぎょう) ,ロンコド (隆科多) らを粛清。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ようせい‐てい【雍正帝】

[1678~1735]中国、の第5代皇帝。在位1722~1735。諱(いみな)は胤禛(いんしん)、廟号(びょうごう)は世宗。康熙帝の第4子。綱紀の粛正、官制の改革、税制の安定を図り、皇帝独裁権を強化。軍機処を創設。対外的には青海チベットを平定。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

雍正帝【ようせいてい】

中国,清朝第3代(入関前からいえば第5代)の皇帝(在位1723年―1735年)。廟号は世宗,諡(おくりな)は憲皇帝。康煕帝の第4子。即位以来内治に意をそそぎ,宮廷朋党の一掃,賤民(せんみん)の解放,軍機処の設置,改土帰流(辺土行政)の推進,地丁銀制の普及など君主独裁統治体制の整備をはかった。
→関連項目アヘン戦争乾隆帝内閣(中国)文字の獄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようせいてい【雍正帝 Yōng zhèng dì】

1678‐1735
中国,清朝第3代(入関前からいえば第5代)の皇帝。在位1723‐35年。名は胤禛,諡(おくりな)は憲皇帝,廟号(びようごう)は世宗。康熙帝の第4子で,帝位継承をめぐる抗争の末,46歳で即位,在位期間は短かったが,君主専制体制を確立するうえで力があった。官僚が皇帝に上奏するには,公式ルートを通じる題奏(題本)と直接,皇帝に密奏する摺奏(奏摺)の二つのルートがあったが,帝は後者を重んじ,地方官から積極的に情報を収集してみずから朱筆で意見を書き加えた(硃批(しゆひ)という)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようせいてい【雍正帝】

1678~1735) 中国、清の第五代皇帝(在位1722~1735)。康熙帝の第四子。廟号びようごうは世宗、諱いみなは胤禛いんしん。独裁政治を行い、官吏の綱紀を正し、軍機処を設置。地丁銀制を普及させ財政を充実。青海・チベットを討ち、清朝の基礎を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雍正帝
ようせいてい
(1678―1735)

中国、清(しん)朝第5代皇帝(在位1722~35)。康煕(こうき)帝の第4子。名は胤(允)(いんしん)、廟号(びょうごう)は世宗、年号により雍正帝とよぶ。治世わずかに13年であったが、康煕帝60年の放漫政治の後を受け、官僚の綱紀を引き締めて皇帝独裁権を強化し、財政を改革し、清朝支配権を確立して、次の乾隆(けんりゅう)帝60年の治世に引き継いだその事業の歴史的意義は、高く評価されている。即位後、帝は、後継者を秘密裏に指名する太子密建(たいしみっけん)法を定め、皇太子をめぐる皇子間の争いを封じた。内政ではまず第一に、地方官が皇帝に直接意見を奏上する奏摺(そうしょう)制度、すなわち官僚の密告制度ともいうべきやり方を奨励し、官僚の党争、腐敗を厳しく取り締まったが、反面、官僚に対する勤務手当ともいうべき養廉銀(ようれんぎん)の制度も新設した。第二に、康煕末年より始められた税制上の一大改革である地丁銀の制度を全国的に施行した。第三に、改土帰流(かいどきりゅう)を行った。これは、辺境地域に住む少数民族の土司・土官制を、中央派遣の地方官統治に改める改革であった。第四に、山西の楽戸(がくこ)、浙江(せっこう)の惰民(だみん)、広東(カントン)の蛋民(たんみん)、安徽(あんき)の世僕(せいぼく)など賤民(せんみん)の解放を行い、第五に、文字の獄により、根強く残る反満思想を厳しく弾圧した。
 対外関係では、まずロプサン・テンジンを討伐して青海を属領とし、チベットには駐蔵大臣を置いて保護領とした。次にジュンガルでは、ガルダン・ツェレンの侵入をモンゴルのツェレンがよく防いだので、トシェト部を割いてサインノヤン部を新設し、ツェレンをハン(汗)に封じた。このとき中央に軍機処(ぐんきしょ)を設けたが、以後、民政も含めて軍機処が内閣にかわる政治の最高機関となった。またロシアとキャフタ条約を結んで、シベリアの国境を定め、貿易を開いた。さらに、康煕帝が優遇した西洋人宣教師の取締りを強化し、宮廷に仕える一部の者を除いてマカオに追放した。[北村敬直]
『宮崎市定著「雍正帝――中国の独裁君主」(『アジア史論考 下巻』所収・1976・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雍正帝の言及

【硃批諭旨】より

…中国,清朝の雍正帝が,地方官から送られてくる奏摺に硃批(朱筆による諭旨)を書き加え,これを編纂したもの。《雍正硃批諭旨》ともいう。…

【清】より

…ついで83年には,長年台湾に拠って抵抗をつづけていた鄭氏一族(鄭成功)も下り,ここに清朝の支配体制の基礎が確立したのである。これより清朝は,聖祖康熙帝,世宗雍正帝,高宗乾隆帝の3代にわたり,18世紀末まで最盛期を迎える。清朝は満州族の征服国家であるから,一面では八旗制度のように満州族特有の制度をもち,その維持につとめたが,他面明朝の制度を大幅に継承する二重体制の国家であった。…

※「雍正帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雍正帝の関連キーワード江戸幕府鎌倉幕府順治帝可楽清朝五廟嵐来芝(2代)市川雷蔵(3代)中山来助(3代)早田宗家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雍正帝の関連情報