ケイ孔雀石(読み)けいくじゃくせき(英語表記)chrysocolla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ孔雀石
けいくじゃくせき
chrysocolla

銅の含水ケイ酸塩鉱物。 CuSiO3・2H2O 。一般に結晶粒は肉眼で見分けられないほど小さく,玉髄状または土状となる。硬度2~4,比重 2.2。多くの場合,緑,青緑色でガラス,または土状光沢を呈する。閉管中で熱すると黒色化して水を生じる。銅鉱床の酸化帯に産出する。 (→孔雀石 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android