コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅鉱物(読み)どうこうぶつ(英語表記)copper mineral

世界大百科事典 第2版の解説

どうこうぶつ【銅鉱物 copper mineral】

主要成分としてを含む鉱物をいう。銅は硫黄との親和性が強いので,硫化物がもっとも重要である。このほか酸化物,水酸化物,炭酸塩,硫酸塩,塩化物など種々の化合物をつくり,銅鉱物として235種以上が知られている。そのうち主要なものは自然銅Cu,黄銅鉱CuFeS2,キューバナイトcubanite CuFe2S3斑銅鉱Cu5FeS4輝銅鉱Cu2S,コベリンCuS,硫ヒ銅鉱Cu3AsS4ルゾナイトCu3AsS4,スティビオルゾナイトstibioluzonite Cu3SbS4,四面安銅鉱Cu12Sb4S13,四面ヒ銅鉱Cu12As4S13,ウィッチチェナイトwittichenite 3Cu2S・Bi2S3,赤銅鉱Cu2O,黒銅鉱CuO,ラン銅鉱Cu3(CO3)2(OH)2クジャク石Cu2(CO3)(OH)2ケイクジャク石CuSiO3nH2O,ブロシャンタイトbrochantite Cu4(SO4)(OH)6アタカマイトCu2(OH)3Clなどである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android