コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅鉱物 どうこうぶつcopper mineral

世界大百科事典 第2版の解説

どうこうぶつ【銅鉱物 copper mineral】

主要成分としてを含む鉱物をいう。銅は硫黄との親和性が強いので,硫化物がもっとも重要である。このほか酸化物,水酸化物,炭酸塩,硫酸塩,塩化物など種々の化合物をつくり,銅鉱物として235種以上が知られている。そのうち主要なものは自然銅Cu,黄銅鉱CuFeS2,キューバナイトcubanite CuFe2S3斑銅鉱Cu5FeS4輝銅鉱Cu2S,コベリンCuS,硫ヒ銅鉱Cu3AsS4ルゾナイトCu3AsS4,スティビオルゾナイトstibioluzonite Cu3SbS4,四面安銅鉱Cu12Sb4S13,四面ヒ銅鉱Cu12As4S13,ウィッチチェナイトwittichenite 3Cu2S・Bi2S3,赤銅鉱Cu2O,黒銅鉱CuO,ラン銅鉱Cu3(CO3)2(OH)2クジャク石Cu2(CO3)(OH)2ケイクジャク石CuSiO3nH2O,ブロシャンタイトbrochantite Cu4(SO4)(OH)6アタカマイトCu2(OH)3Clなどである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

銅鉱物の関連キーワードカーロール鉱(データノート)ベルツェリウス鉱カルコファン鉱ダイアフォル鉱ブロシャン銅鉱ロクスビー鉱斑岩銅鉱床金(元素)LPF法輝銀銅鉱含銅砂岩藍銅鉱沈殿銅阿仁鉱鉱層選鉱銅藍

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android