コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅鉱物 どうこうぶつcopper mineral

1件 の用語解説(銅鉱物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どうこうぶつ【銅鉱物 copper mineral】

主要成分として銅を含む鉱物をいう。銅は硫黄との親和性が強いので,硫化物がもっとも重要である。このほか酸化物,水酸化物,炭酸塩,硫酸塩,塩化物など種々の化合物をつくり,銅鉱物として235種以上が知られている。そのうち主要なものは自然銅Cu,黄銅鉱CuFeS2,キューバナイトcubanite CuFe2S3斑銅鉱Cu5FeS4輝銅鉱Cu2S,コベリンCuS,硫ヒ銅鉱Cu3AsS4ルゾナイトCu3AsS4,スティビオルゾナイトstibioluzonite Cu3SbS4,四面安銅鉱Cu12Sb4S13,四面ヒ銅鉱Cu12As4S13,ウィッチチェナイトwittichenite 3Cu2S・Bi2S3,赤銅鉱Cu2O,黒銅鉱CuO,ラン銅鉱Cu3(CO3)2(OH)2クジャク石Cu2(CO3)(OH)2ケイクジャク石CuSiO3nH2O,ブロシャンタイトbrochantite Cu4(SO4)(OH)6アタカマイトCu2(OH)3Clなどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone