ケイ線石(読み)けいせんせき(英語表記)sillimanite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ線石
けいせんせき
sillimanite

Al2SiO5 。斜方晶系に属する鉱物。無色の針状ないしは正方柱状結晶。硬度 6.5~7.5,比重 3.23~3.27。紅柱石 (斜方晶系) および藍晶石 (三斜晶系) と同質変形。泥質岩起源の高温変成岩に最も普通に産する。火山岩中の泥質捕獲岩にも熱変成鉱物として産する。紅柱石,藍晶石とともに,変成作用の温度圧力条件を指示する鉱物として重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android