斜方晶系(読み)しゃほうしょうけい(英語表記)orthorhombic system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斜方晶系
しゃほうしょうけい
orthorhombic system

結晶系の1つ。結晶軸は互いに直交し,軸角は α=β=γ=90° ,結晶軸の長さはすべて異なり,abc である。霰石,ロシェル塩,α硫黄ポリエチレンなどがこれに属する。屈折率などの物理的性質に異方性を示す二軸結晶である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

斜方晶系【しゃほうしょうけい】

軸率a:1:cの直角座標系(結晶軸)で記載される一群の結晶。物理的に異方性で,光学的2軸性。形態は2組の錐面の発達が特徴。硫黄,角セン石・輝石の一部,カンラン石がその例。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゃほうしょうけい【斜方晶系】

結晶系の一。互いに直交する長さの異なる三本の結晶軸をもつ結晶。黄玉・かんらん石など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斜方晶系
しゃほうしょうけい
orthorhombic system

結晶系の一つ。直方晶系ともいう。原則として、直交する異なった長さの3軸を軸配置としてもつもの。晶族222(D2),mm2(C2v),mmm(D2h)がこれに属し、ブラベ格子にはPABC)、IFの4種がありうる。単位格子は直方柱の形であり、格子定数にはabcαβγ=90゜の関係が成立する。軸角がすべて直角となる形態的特徴には「斜め」を感じさせるところがないので、直方晶系とする用例も多い。鉱物中約22%がこの晶系に属し、その数字は単斜晶系の約31%に次ぐものである。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃほう‐しょうけい シャハウシャウケイ【斜方晶系】

〘名〙 結晶系の一つ。三本の結晶軸が互いに直角に交わり、それぞれの長さの異なるもの。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android