コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜方晶系 しゃほうしょうけいorthorhombic system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斜方晶系
しゃほうしょうけい
orthorhombic system

結晶系の1つ。結晶軸は互いに直交し,軸角は α=β=γ=90° ,結晶軸の長さはすべて異なり,abc である。霰石,ロシェル塩,α硫黄ポリエチレンなどがこれに属する。屈折率などの物理的性質に異方性を示す二軸結晶である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

斜方晶系【しゃほうしょうけい】

軸率a:1:cの直角座標系(結晶軸)で記載される一群の結晶。物理的に異方性で,光学的2軸性。形態は2組の錐面の発達が特徴。硫黄,角セン石・輝石の一部,カンラン石がその例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しゃほうしょうけい【斜方晶系】

結晶系の一。互いに直交する長さの異なる三本の結晶軸をもつ結晶。黄玉・かんらん石など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斜方晶系
しゃほうしょうけい
orthorhombic system

結晶系の一つ。直方晶系ともいう。原則として、直交する異なった長さの3軸を軸配置としてもつもの。晶族222(D2),mm2(C2v),mmm(D2h)がこれに属し、ブラベ格子にはPABC)、IFの4種がありうる。単位格子は直方柱の形であり、格子定数にはabcαβγ=90゜の関係が成立する。軸角がすべて直角となる形態的特徴には「斜め」を感じさせるところがないので、直方晶系とする用例も多い。鉱物中約22%がこの晶系に属し、その数字は単斜晶系の約31%に次ぐものである。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

斜方晶系の関連キーワード酸化アンチモン(データノート1)酒石酸ナトリウムカリウム硫酸ストロンチウム硫ヒ(砒)銅鉱カーナライトコルンブ石ヒッベン鉱ダンブリ石輝蒼鉛鉱硫砒鉄鉱頑火輝石硫化珪素斜方輝石ケイ線石葡萄石白鉄鉱斑銅鉱あられ小藤石紅柱石

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android