斜方晶系(読み)しゃほうしょうけい(英語表記)orthorhombic system

  • orthorhombic system, rhombic system
  • しゃほうしょうけい シャハウシャウケイ
  • しゃほうしょうけい〔シヤハウシヤウケイ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結晶系の1つ。結晶軸は互いに直交し,軸角は α=β=γ=90° ,結晶軸の長さはすべて異なり,abc である。霰石,ロシェル塩α硫黄ポリエチレンなどがこれに属する。屈折率などの物理的性質異方性を示す二軸結晶である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結晶系の一つ。直方晶系ともいう。原則として、直交する異なった長さの3軸を軸配置としてもつもの。晶族222(D2),mm2(C2v),mmm(D2h)がこれに属し、ブラベ格子にはPABC)、IFの4種がありうる。単位格子は直方柱の形であり、格子定数にはabcαβγ=90゜の関係が成立する。軸角がすべて直角となる形態的特徴には「斜め」を感じさせるところがないので、直方晶系とする用例も多い。鉱物中約22%がこの晶系に属し、その数字は単斜晶系の約31%に次ぐものである。

[岩本振武 2015年7月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 結晶系の一つ。三本の結晶軸が互いに直角に交わり、それぞれの長さの異なるもの。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

結晶系の一種.単位格子が互いに直交する三つの結晶軸をもち,一般には各辺の長さが異なる直方体となるもので(abc,α = β = γ = 90°),ブラベ格子としては,単純斜方,低心斜方,体心斜方,または面心斜方格子をとる.結晶の点群対称としては,互いに直交する3本の2回回転軸または2回回反軸(鏡映面)をもつものに相当し,3本とも2回回転軸をとるもの,2本の回反軸と1本の回転軸をもつもの,および直交する3本の2回回転軸とそれに2回回反軸が重なっているものがある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android