三斜晶系(読み)さんしゃしょうけい(英語表記)triclinic system

  • さんしゃしょうけい ‥シャウケイ
  • さんしゃしょうけい〔シヤウケイ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

結晶系の一つ。原則として斜交する異なった長さの3軸を軸配置としてもつもの。結晶系のうちではもっとも低対称である。対称心の有無によって、完面像と半面像の2晶族に二分され、空間群P (Ci1) およびP1 (C11) がそれぞれ対応する。組成あるいは分子構造の複雑な有機化合物や金属錯体についてみられることが多く、一方、常温で固体の元素にはこの晶系のものはない。なお、鉱物中約8%がこれに属する。

[岩本振武 2015年7月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 結晶系の一つ。長さが異なり、互いに斜めに交わる三本の結晶軸をもつもの。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

結晶系の一種.三つの結晶軸がすべて斜交し,各結晶軸の長さが互いに異なる単純三斜格子(abc,α ≠ β ≠ γ ≠ 90°)で単位格子が記述されるものをいう.結晶の点群対称要素としては,1回回転軸または1回回反軸(対称心)だけしかもたない,対称要素のもっとも少ない結晶系である.[別用語参照]ブラベ格子

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android