コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケシュム[島] Qeshm

1件 の用語解説(ケシュム[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケシュム[島]【Qeshm】

ペルシア湾口にあるイラン領の島。東西108km,南北10~35km,面積1336km2。人口2万9398(1966)。クラレンス海峡をはさんで北の対岸はバンダル・アッバースとバンダル・レンゲを結ぶイラン本土の海岸線である。気候は暑く乾燥していて大部分が不毛の土地であるが,南東にホルムズ海峡を控えていて中継貿易の基地として13世紀以降栄え,17~19世紀においてはポルトガルイギリス,イラン,アラブのあいだで争奪の的になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone