ケシュム[島](英語表記)Qeshm

世界大百科事典 第2版の解説

ケシュム[島]【Qeshm】

ペルシア湾口にあるイラン領の島。東西108km,南北10~35km,面積1336km2。人口2万9398(1966)。クラレンス海峡をはさんで北の対岸はバンダル・アッバースとバンダル・レンゲを結ぶイラン本土の海岸線である。気候は暑く乾燥していて大部分が不毛の土地であるが,南東にホルムズ海峡を控えていて中継貿易の基地として13世紀以降栄え,17~19世紀においてはポルトガル,イギリス,イラン,アラブのあいだで争奪の的になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android