ケトミウムカビ(読み)けとみうむかび

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケトミウムカビ
けとみうむかび
[学]Chaetomium

子嚢(しのう)菌類、核菌類、ケトミウム科に属するカビ。繊維素分解力が強く、雨漏りのある住居の天井や壁、布、衣服、ベニヤ板、藁(わら)、動物の古い糞(ふん)などの上に分布する。黒緑色の子嚢殻を形成し、子嚢殻の周囲に螺旋(らせん)状の付属物が放射状につき、中に子嚢を形成する。子嚢の中に8個の子嚢胞子があり、子嚢が成熟して溶けると子嚢胞子が逸出する。自然界では基物の表面に黒緑色の集落をつくるので確認できる。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android