コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケハダヒザラガイ ケハダヒザラガイ Acanthochiton defilippi; spiny chiton

2件 の用語解説(ケハダヒザラガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケハダヒザラガイ
ケハダヒザラガイ
Acanthochiton defilippi; spiny chiton

軟体動物門多板綱ケハダヒザラガイ科。体長 4.8cm,体幅 3.7cm,体高 1.1cm。体は小判形で,8枚の小さな殻が背正中線上に前後に接して並ぶ。これを取巻く肉帯は広く,黄褐色の地に褐色の雲紋があり,全面に微細なとげを密生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケハダヒザラガイ
けはだひざらがい / 毛膚石鼈貝
Defilipp's spiny chiton
[学]Acanthochiton defilippi

軟体動物門多板綱ケハダヒザラガイ科のヒザラガイ。仙台湾以南の日本各地から、西太平洋一帯の岩礁潮間帯の岩礫(がんれき)地にすむ。体長48ミリメートルぐらいのやや大形種で、殻板は小さく、肉帯の上に9対の棘(とげ)の束列がある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケハダヒザラガイの関連キーワード多板類軟体動物火皿貝軟体類オオバンヒザラガイ(大判石鼈貝)ケハダヒザラガイ(毛膚石鼈貝)ババガセ(婆々が背)ヒザラガイ(石鼈貝)ケムシヒザラガイ多板綱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone