コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケミカルリファイナリー chemical refinery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケミカルリファイナリー
chemical refinery

原油を化学工業原料とするためにオレフィンや芳香族の生産を主目的に行う化学処理のことをいう。常圧または減圧下で加熱,蒸留することによってガソリン,灯油,軽油,重油などの沸点の異なる成分に分ける。その際に必要に応じて分解蒸留 (クラッキング) ,改質蒸留 (リホーミング) などの操作を行う。それぞれの成分は硝酸やアルカリで洗浄し,酸性白土などで処理して,原油中に含まれる硫黄化合物,着色成分,その他を除く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android